美容整形でタトゥー除去|後悔しない施術ガイド

身体

施術方法と注意点

脚

従来のあざの治療というのは、皮膚にダメージを与える方法しかりませんでした。つまり、あざをメスによって切り取り、その切り取った部分に皮膚を移植するのです。これが従来のあざの治療でしたが、今はレーザー治療が一般的な施術方法になっています。レーザー治療はどのような施術内容なのかというと、あざを作っているメラニンの組織をレーザーで照射して除去するというものです。この方法だと、他の肌の組織を攻撃することなくあざだけを切除することができます。また、肌自体ににもダメージを与えることはありません。ちなみに、このレーザーはパルスレーザーという名前が与えられていて、その名のとおり、パルス(一瞬)の照射であざを切除します。

レーザーによるあざの治療にはいろいろな注意点があります。それはレーザーの光に注意を払う必要があるということです。それというのも、目に光が入ると失明になる可能性もあるからです。医師から専用のメガネをわたされますので、それをしっかりと装着しましょう。また、レーザーを照射した後は赤みがついていることがありますが、心配する必要はありません。これは微弱な火傷状態になっているのです。痛みはありませんが、人によっては翌日かさぶたができる場合もあります。そのかさぶたは取らずに、医師からもらう専用のクリームを塗布してあまり触らないようにすることが大切です。なお、あざの面積が大きいときは複数回治療を受ける必要があります。

Copyright ©2016 美容整形でタトゥー除去|後悔しない施術ガイド All Rights Reserved.